CRAZY A GO GO!! 

気の向くままに…


                                     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

050528_010536_Ed.jpg


Inouekabuki Shouchiku-mix『髑髏城の七人 ~アオドクロ~』

【CAST】
市川染五郎、鈴木杏、池内博之、高田聖子、三宅弘城、粟根まこと
高杉亘、川原和久、ラサール石井、佐藤アツヒロ 他

【STORY】
時に天正18年、織田信長が逆臣明智光秀の手にかかり
はや8年が経っていた。
関東平野にそびえる城『髑髏城』。
城主であり関東髑髏党を率いる首魁は自らを天魔王と名乗り
天下統一を目論んでいた。
その髑髏城の絵図面を持ち出した沙霧は髑髏党に追われてしまう。
行きがかりで助けた狸穴二郎衛門と玉ころがしの捨之介。
「木の葉隠すなら森の中、女隠すなら女の中」ということで沙霧が
連れて来られたのは色街無界の里。
そこでは、無界屋の花魁をめぐり、馴染みの客の関八州荒武者隊らが
捨之介らと小競り合いになり、仲裁に入った無界屋主人・無界屋
蘭兵衛は捨之介に気づく。
そこへ髑髏党が無界屋に襲撃をかけてきた。
天魔王も現れ、捨之介と蘭兵衛に素顔をさらし、軍門に下るように
圧力をかける。
捨之介が刀鍛冶の元に向かい、天魔王の鉄の鎧を斬ることのできる
斬鎧剣を注文しに行っている間に、蘭兵衛は鉄砲300丁を天魔王に
献上し、無界屋の女たちの命乞いをしに髑髏城へ。
だが、信長のしゃれこうべをつなぎ合わせた仮面を被る天魔王は、
信長の骨を削って数珠にし首にかけている蘭兵衛に「鉄砲300丁?
そんなものはいらん。私が欲しいのはただ一人、お前だ、森蘭丸」と
ケシの実をつけた酒で蘭兵衛を手の内に。
その様子を見た沙霧は手負いながらも捨之介や小田切渡京に助けられ
ながら、どうにか無界の里に戻ってくる。
が、髑髏党に追いつかれ、蘭丸に戻った蘭兵衛らに無界屋は無残に
焼き払われ、極楽太夫を除く女たちやこぶしの忠馬を除いた関八州
荒武者隊らは殺されてしまう。
沙霧を助けに行ったまま髑髏城で捕らわれてしまった捨之介を助ける
ために、忠馬、沙霧、極楽太夫、渡京、刀鍛冶のカンテツ、忠馬の兄
仁平らは髑髏城へ。
そして最後の戦いは始まった。

…てなことで。
昨年10月に東京・日生劇場まで出向いて2度も観にいった『髑髏城の
七人 ~アオドクロ~』の映像版。この日をなんと待ちわびたことか!
新感線の舞台の良さは、ナマは当然いいが、映像化してもすごく
キレイなこと。
なので、DVDを購入しても臨場感を味わえるのだ。
もちろん、最近は特典も盛りだくさんになりつつあるのでそれもまた
楽しみになっている。
で、このアオドクロ。一体どんな仕上がりになるかすご~く気になっていたのね。
最前列と7列目という座席運に恵まれ、間近で役者を観れたのは
ええんじゃけど、舞台全体を観るのはちと難しかったから映像化に
期待をしていたんだな。
ナマで観てあまりのキレイさに驚いたからさぞかし映像版もキレイに
なると思っていたわけだ。
そんなこんなで迎えた上映時間。

染五郎のコメントからいきなり始まり、いきなり上映。
心の準備をもう少しさせろよ!!
けど、そんなことはすぐに忘れ、物語に集中。
笑えるし、泣けるし。
う~、やっぱこの舞台は最高だわ。
古田新太版のアカドクロもぶちええんじゃが、自分的には目当て
及びツボの粟根さんと三宅“石鹸”弘城に釘付け。
っていうか、三宅さんに関しては笑わずにはいられない。
もうしゃべるだけで笑いが巻き起こる。
粟根さんは、後半に出てくるとある武器で笑いをかっさらっていた。
それまでにもちょこちょこ笑ってもらえてたんだけどね。
日替わりネタもちゃんと楽しませてもらいました。
一緒に行った会社の同僚のYちゃんも、初新感線だったけどすごく
喜んでもらえたので一安心。
DVD発売が待ち遠しい…。

広島にお住まいの我が友たちよ。
時間許すのであれば、ぜひバルト11へ行ってくれたまえ。
5月28日から6月3日まで上映しているから。
ちなみに、現在ダイヤモンドシティのフタバ図書では、イーオシバイ
取扱DVDの発売をしているので、新感線のDVDはそこで買えるぞ!!
…いや、決してイーオシバイの回し者ではない。
どちらかというと、善良なる新感線ファンでイーオシバイの
優良顧客である。 ←勝手に言っとけ

サントラも良い。意外と飽きなかったりする。
写真も野波浩さんじゃけん、チラシなんかすごく気に入っていて、
見えるように会社に置いてある。
(でも基本的に怖がられてしまうのはなぜ?写真を見て感想をぜひ!)
天魔王の染五郎の写真のあまりの美しさに圧倒されたし。
みんなすごくキレイだったけどね。パンフの写真は最高!
が、捨之介は古田新太のほうが好き。大人の色気があるから。
染五郎も色気はなくはないが、なんていうのかなぁ、もうちょい
年をとってからのほうが捨之介の色気が醸し出すことができると
思うんだよね。
だから、7年後にでもまた再演してくれたら嬉しいなぁ。

アカドクロ、アオドクロの映像版上映をしたとなれば…、
もちろん次はロックミュージカル『SHIROH』の映像版
上映をしてもらわねば!
すごいだろうなぁ、きっと。
あ~、もう、新感線大好き!!


スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eikoharu.blog11.fc2.com/tb.php/9-a3bf04b9
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。