CRAZY A GO GO!! 

気の向くままに…


                                     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田さんのセットリスト等々でございます。

・愛を止めないで
・正義は勝つ
・伝えたいことがあるんだ
・Re
・僕らの街で
・いつかどこかで
・たしかなこと
・僕の贈り物
・地球は狭くなりました
・ワインの匂い
・眠れぬ夜
・愛の唄
・さよなら
・言葉にできない
・今日もどこかで
・NEXTのテーマ
・キラキラ
・ラブストーリーは突然に
・ダイジョウブ
・Yes-No
・君住む街へ
・YES-YES-YES

思い出す限りのものです。
あ、本編とアンコール含んでます。

ファスナーを開けたまま歌っていたり、何かと
辛口なMCで笑わせてくれたり。
楽しかったっすよ~。

本編合間のご当地紀行なんてのもあって映像があるの。
大阪に着いてからあちこち行ってきた小田さんのレポがまた面白い。

新幹線の車内からスタートで、車窓を眺める小田さん。
新大阪駅に到着して爽やかに一言。
「やって参りました!大阪は晴れて、さわやかであります!」
ちくしょ、知ってれば会社抜けて小田さん迎えに行ったのに。
あんな近くだったらねぇ~。ちぇ。

続いてえびす橋、グリコの看板前から、歩いていく小田さん。
かの有名な「くいだおれ人形」の隣に並ぶ小田さんがお茶目。
お店の前はすごい人だかり、皆携帯で写メ!
「はいはい…」と困惑気味な小田さん。
「え?小田和正?」「本当ですか?」なんて声も。
女子高生から「自分、『こころ』好きです!」と言われてました。
それから制服姿の女子高生グループと記念撮影。いいな~。
女子高生の次は、「おばさんやけど、一緒に撮ってえ~~」
おばちゃんたちと記念撮影してた(笑)

難波の蓬莱本店前を通る小田さん。
「蓬莱に来ました!あちこちで豚まんを食べましたが、
いろいろやったこともあって、蓬莱がいちばん美味しいかな?」
1997年のご当地紀行で蓬莱にて豚まん作りにチャレンジしたみたい。
「宇山君は、まだここで頑張ってるんでありましょうか?」
…寄って行かないんですか?小田さん。寄りましょうよ。

クリスタ長堀のインデアンカレーへ。
「お昼ごはんにします。インデアンカレーです。
なんと、注文してから27秒で来ました!…まいう!辛いです!」
「インデアンカレーは1947年創業…
なんと私と同い年です!還暦ということですか。」
思わず「へぇ~」と言ってしまったよ。

お次は四天王寺へ。
「四天王寺です~。私は来たことがない!と断言しておりましたが、
来てみたらだんだん思い出しました(おばちゃんの行列とすれ違う)
…ババア軍団であります!←小田さんは絶対にコレ言うよねぇ
私は、聖徳太子が本当にいたのか?というところから疑ってかかる
タイプでありますから…。
お賽銭、明日あさってのコンサートの成功を祈って…30円!(投げる)
声が出ますように…」と拝む小田さん。でもなんで30円?
「思い出しました!前に来たとき、テレフォンカード売ってましたね。」
(97年ご当地紀行。ド派手なお土産用テレカの自動販売機を見て、
「こんなの買う人いるんでしょうか?」
あまりの毒舌に爆笑しまくり。

「大阪城に戻って参りました!ここから大阪城をスケッチしたのですが、
樹が伸びて大阪城が隠れてしまいました。」
(2002年スケッチ紀行、大阪城の絵)
それを見比べて思わず「ほんまじゃ~」と言ってしまった。

そして通天閣。
「いつなんどき、無くなってしまうかもしれないので、
通天閣にやって参りました!」(字幕:そんな噂はない)
「以前来た時よりも、人気の通天閣であります!
やっぱり取り壊されるからでしょうか?!」(字幕:全くそんな噂はない)
小田さん、一体どこからそんなネタ仕入れてるの?
「地元?」「なんで通天閣のぼるの?」と小田さんは話しかけたら
「友達が来たことないっていうから…」とバッサリ答える女の子。
そのまんまやん!!!
しかも喫茶コーナーの名前がそのまんまなことも突っ込みを
しっかりしていた小田さん。

生駒山の長い石段を登っていきます。
「よいしょ…走れってか?(走り出す)」「はあ、はあ」
「最終目的地、生駒山です!大阪方面はガスっていて見えません。」
…ほんまじゃ~、香港並にガスってるわ。
やっぱ、大阪も汚いんだねぇ、クサイだけじゃないわ。
歩いてると猫がいたのでちょっと遊ぼうとするもあっさり逃げられる小田さん。
「…そういうやつだよお前は。」
そうつぶやく小田さんがとても切ない。


そんな感じのご当地紀行でした。
面白かったよ~。

あ~、9月のも行きたいな~。



スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eikoharu.blog11.fc2.com/tb.php/754-c6400021
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。