CRAZY A GO GO!! 

気の向くままに…


                                     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新感線プロデュース
いのうえ歌舞伎☆號『IZO』
IN シアターBRAVA!

2008021612110000.jpg


【作】青木豪

【演出】いのうえひでのり

【CAST】 
森田剛、戸田恵梨香、田辺誠一、千葉哲也、粟根まこと
池田鉄洋、山内圭哉、木場勝己、西岡徳馬 他

【STORY】
時は幕末。黒船来航により揺れる日本。
場所は土佐。
ある事件で岡田以蔵は武市半平太の道場に入門。
尊皇攘夷運動が高まり、武市もその運動に参加。
武市は江戸へ行き、長州の志士らと意見交換し、
土佐勤王党を結成、土佐に戻り同志を集める。
尊皇攘夷の意向を山内容堂に進言するが吉田東洋に
退けられてしまう。
その後、吉田東洋は暗殺される。

武市は以蔵を連れ京へ。
とある茶屋で以蔵は幼馴染のミツと再会する。
そして、同じく幼馴染の坂本龍馬とも再会。
武市は田中新兵衛と義兄弟の杯を交わし、
過激な志士らをまとめていく。
この頃、京では天誅の名のもとに暗殺が横行。
以蔵は人斬り以蔵として恐れられるようになる。

さらに時代は流れ、尊皇攘夷運動が失敗に
終わった…。


ざっくりいくとこんな感じ。
すっごいテンポが早くてねぇ。
あっという間に色々展開していくわけよ。
でも、すごく観やすかった。
セリフ回しも良くて目が離せなくて。
しかも9割方土佐弁なので、高知の人には
さらに耳馴染みが良かったんじゃないかと。
なかなかうまいことみんな喋ってたと思うよ。
これはぜひむかいちゃんに観て欲しかった!

しっかし、初っ端から切なかったねぇ。
いきなりうるっときちゃってましたわ。
最後もまた切なくてねぇ。
泣かされてしまいましたね。
涙腺弱くなったな、やっぱり。

森田剛の以蔵が思ったよりハマリ役でね。
頭を使うことが出来ず、腕っぷしだけで
勝負をしようとし、まっすぐでピュア。
森田剛のことはあまり好きじゃないんだけど
この芝居に関してはすごく良かった。
だからといってファンにはまだなれないけど。
以蔵がすごい人間臭いと思えたので、ほんま
このキャスティングは良かったと思う。
他のキャスティングもサイコウだったよ。

池鉄の坂本龍馬。僧正の田中新兵衛。
そして山内容堂の西岡徳馬。
僧正なんかあまりのカッコよさに見惚れてた。
池鉄は意外とマジメに芝居してたんじゃないかな。
普段の気持ち悪さを封印してたし(笑)
腹黒さの演技はやはり西岡徳馬はすごい!!
田辺誠一の武市半平太もなかなか。
TVじゃあんな感じの役は見られないからね、
結構あたしにとっては新鮮だったな。
戸田恵梨香なんかすっごい可愛かった~。
気の強い女の子の役だったけど、それがまた
何とも言えず愛らしくてね。
微笑ましく観てしまいました。
終盤の以蔵とミツのままごとの祝言のシーン。
これが一番切なかったわぁ。
このままずっと2人一緒にいさせてあげたいって
思っちゃったよ。
悲しい結末になっちゃったけどね。

これ、DVD化に何とかならないかなぁ。
めちゃくちゃいい舞台だったんじゃけど。
アンケートにも書いたけどダメかなぁ?
頼むよ、ジャニーズ事務所!!

今回のグッズはパンフとサントラCD。
2008021623370000.jpg

CDを聴くと芝居の余韻に浸っちゃいますわ。

やっぱ、幕末はドラマがあって面白いよね。
あ~、もう1回くらい観たかったなぁ。
チケ取れなくて残念だわ。







スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eikoharu.blog11.fc2.com/tb.php/694-dd81a830
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。