CRAZY A GO GO!! 

気の向くままに…


                                     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってきましたわ。ようやく!
なかなか行けなかったからねぇ。
昨日、ふと思いついてさぁ。
Sさんに打診したらOKだったんで
昨日チケット買ってさ。

事実ものということで、やはり
あたしとしてははずせなかったの。
しかも謙さん主演だし!

でも、中身としてはまぁ、日本が
製作してないわりにはよく出来てた。
戦争ものでも比較的観やすいかもね。

ていうか、バロン西の生き様が
ぶちカッコイイよなぁ。
今の時代にもバロン西のような人が
いるんだろうか。

西郷の役、二宮くんでも良かったけど
加瀬くんでも観てみたかったかも。
また違った西郷像が観れそうな気がする。
あれ?そう思ったのはあたしだけかな?

よほど疲れてたんだろうねぇ、Sさん。
ちょっとだけ居眠りしてた(笑)
ふふふ、わからんはずがないだろう!
映画終わったらすぐにツッコミいれたよ。
最初否定してたけど最後は「ちょっとだけ」
と認めたね。別に怒ってないのに(笑)

そんなSさん。
今日はバレンタインということで会社で
たくさんチョコをいただいてたわ。
その中でマジなものがあったのかどうか
ちょっと気になる…。
一応、あたしも義理チョコ参加したけど
別口でちゃんとプレゼントとチョコを
渡してあげましたわ。
ちなみにプレゼントは半纏(笑)
なぜなら、彼の住む滋賀はまだ寒いから。
目の前で開けてもらってないけん、一体
どんな反応をしたのか見れなくて残念。
後で電話してみようっと。
スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eikoharu.blog11.fc2.com/tb.php/450-d29317bc
トラックバック
硫黄島からの手紙
硫黄島からの手紙『硫黄島からの手紙』(''Letters from Iwo Jima'')は、2006年のアメリカ映画。『父親たちの星条旗』に続く、硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」の日本側視点の作品である。劇中の栗林忠道中将の手紙は、彼の
2007/02/15(木) 08:10:24 | しおりのblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。