CRAZY A GO GO!! 

気の向くままに…


                                     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中之島演劇祭 2006
王立劇場 Vol.5
『The Worst of …』
IN 中之島4丁目テント

【作・演出】後藤ひろひと

【CAST】石丸謙二郎、内場勝則、川下大洋、
後藤ひろひと、須知裕雅(ビッキーズ)、
中川貴志(ランディーズ)、ぼんちおさむ

大王選りすぐりの最悪のコント集。
初っ端から鷲掴みされましたわ。
ぶち面白かった~。
あんな最悪のコント、観にいけなかったら
間違いなく後悔するところだったわ。
危ない危ない。

そして、大王の言い間違いなのか故意なのか
わからないけど、最後まで押し通した一言。
「結果的結果」
これを聞くのが楽しくて仕方なかったっす。
椎間板ヘルニアのためお辞儀がほとんどできず
直立不動でお話になる大王。
経験者としては大王の痛みが痛いほどよ~~く
わかります。
なので、ムリにパントマイムして悪化してないか
ちょっと心配ですわ。

あたしのツボにハマったコントはねぇ…
『鹿島が港に浮かんだわけ』だったかな。
ここでまずゲスト、スペル・デルフィン。
ごめんけど、爆笑させていただきました。
最後には転換を手伝わせる大王がステキです。

『オールドスタイル』というコント。
サイレントムービーが題材だということなんじゃが
これまた完成度が高く、これはWorstじゃなくて
むしろBestと呼び声が高いとのこと。
内場さんと石丸さんがすごくてねぇ。
特に石丸さん。めちゃくちゃすごかったっす。
ボロの帽子とキレイな帽子を入れ替える芸。
あまりの手際のよさに思わず拍手したくなったわ。

『新田さんの失敗』というコントでは客席から
1人参加ということで、最前列の女の子が出ることに。
なぜその子だったのかはコントの最中に判明。
なんたって、その役は“首なし死体”。
これは観た人にしかわかりませぬ…。

『タケクマさん』というコントでは素晴らしい演奏が。
『森くん』というコントでは僧正がゲスト出演。
とてつもなくエキサイトしちゃいました。
だってねぇ、大好きなんだもの僧正。
僧正が出てくるまでのスローガン。
「ストップ ザ パンク侍」爆笑させていただきました。
あ、あと隠れゲスト。
サバンナの八木。ネタは全てコケました。
ので、いなかったものと見なされてしまった。
あんなにキレイにすべっちゃうものなんだなぁ。
それがまた面白かったなぁ。

おさむちゃんが出たコントの後に、大王が淡々と
「おさむがうるさいという苦情が…」というのが
おかしくておかしくて。
途中では救急車のうるさいサイレンの音にもめげず
大王は自分を貫き通されました。
民としてはついていくにふさわしいと誇りに思います。

そんな楽しいひと時の思い出に購入したモノ。
20061029175104.jpg20061029175146.jpg
パンフ、ステッカー、かにパイ、パズル。
あ、トレカ買うの忘れた。
パンク侍行ったときに買おうっと。

仕事疲れに観るにはふさわしい!
DVDが届くのが楽しみでございます。
あ~、楽しかった♪
スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eikoharu.blog11.fc2.com/tb.php/376-a494e8a2
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。