CRAZY A GO GO!! 

気の向くままに…


                                     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身も心も
第1章『流れ姉妹』~たつことかつこ~
 IN MIDシアター

【作】千葉雅子 【演出】河原雅彦
【CAST】
河原雅彦、千葉雅子、村岡希美、坂田聡、粟根まこと
小林顕作、政岡泰志、伊達暁、信川清順、松重豊

     050604_221612_Ed.jpg


行けないだろうとほとんど諦めていたこの公演。
チケットの里親も見つからなかったということもあり、一枚チケット
無駄にしちゃったけど、一人で観劇に行ってきました!!
Aブロック4列め12番の席。11番が空席に。
今回の公演は普通の劇場のように列と番号順になってなくて、
ランダムに席が組まれていたのにまず驚いた。
ちなみにあたしの席は下手側、一番後ろで右手には通路。
下手側ということで、とてつもなく期待していたが、予想以上。
何を期待していたかって?
そりゃ、役者が通るだろうという期待。
ほとんど横をすり抜けていきました。

ストーリーは…、ごめん、ほとんど理解しておりませぬ。
なぜなら、集中できなかったから。
大まかに言うと、かつこが刑務所に入ってて、服役している中、姉の
たつこは沖縄のあるところで闘牛の世話をすることに。
模範囚だったかつこは出所して東京に出て行った。
看守がかつこが出所したことをたつこに知らせるために沖縄へ。
看守だという身分を隠していたのだが、結局たつこにバレてしまい、
たつこはかつこのいる東京へ向かう…。
ま、その間にたつこと獣医との出会いやら、かつこが
医学部先輩にレイプされちゃったりと色々あるのじゃが。

タイトルロールの映像のときに、役者紹介あるんだけど、
ごめん、まこりんで萎えた~。
だって、あまりにも素敵! …なんだもの。
それだけでも胸キュンだったというのに…。
通路側に座ったがために嬉しいことが。
それを感じたのはまこりん登場のとき。
通路側に人の立つ気配がしたとふと見上げてみれば…、
なんとそこには真っ赤なバラの花束を抱えたまこりん!
思わず息を呑み、凝視(笑)
手をふと伸ばせば届く距離にいるというこのシチュエーション!
ストーリーなんてそっちのけ。まこりんをひたすら目で追う。
あぁ、なんてステキなの…。
キスしようとして、ふっとそらすのもとってもセクシー♪
男のフェロモン満載まこりんだ! ←すっかりメロメロ

レイパー役ということで、どれだけエロいのかと思っていたら、
結構ソフトだったかな。
下手したら、あれは陵辱じゃないよな気がするよ。
ちょっと手荒にやっちゃったって感じかな。
犯す前に下駄脱いで揃えてからボートに乗って、メガネをとって。
きちんとしてるのがまこりんらしい(笑)
ブラの上からおっぱいわしづかみしててもエロくなかったし。
なんでだろう? まこりんじゃけぇかねぇ? うーん。
スローな動きや静止状態のときは、ちょっとしたストリップかな(笑)
ピンスポ当たってるあたりがなんかちょっとストリップみたいだったんだもん。

今回のまこりん、普段見れないようなところ満載♪
某DVD特典映像でしか見られなかったメガネをはずすところとか。
メガネなしの顔、文句なしにカッコイイ~。はふ~ん、て感じ。
丈の短い浴衣に腰にうちわをさして、下駄姿がとてもお茶目。
そして…、髪をかきあげる仕草に胸を打ち抜かれました。
なんてセクスィ~なの~。 しかも何度かその仕草。
それを観ただけでも来た甲斐があったというもの。
そして窓を拭くところ。ちゃんとマイムになってます。
床のモップがけも、通路を通って引っ込むときもしてたんだけど、
その横顔をうっとりと見つめてました。
イッセーさんのときにしか観ることはそうそうないだろうと
思っていたが村岡さんとまこりんの生着替えがあった。
目の前でまこりんが着替えてるのを釘付けで観てた。
グレーのボクサーパンツなんだ~とかわけわからんことを
ぼんやり思いながら。
はい。すっかりそれはエロモードで(爆)
メモに『あいしてる』とひらがなで書くとこがあるんじゃけど、
まこりんはおでこというか、こめかみあたりでボールペンを
ノックするみたい。
そういうちょっとしたところもばっちり観れたナイスな席でした。
ってぇことは、まこりん運は尽きていなかったのね!!
神様ありがとう!!!
けどカーテンコールは上手側だったけど。
でも、たくさん右側を通り抜けられたことにすっかり興奮。
だから、ちょっとにやけてきそうなキケンな状態。
あんな近くでまこりん観ることなんてそうそうないもん。
あぁ…。 あたしってば幸せ♪

もう一人、ゲストラバーの松重豊サン。
TVや映画で観るとおり、ぶちでかい。ほんますっごい大きい。
千葉さんが松重さんに抱き上げられるところがあるんだけど、
ちと「あたしにもしてくれぇ~」とちょっと羨ましかったり。
いつも観てる松重さんって、眉間にシワを寄せてばかりしか
見ないんだけど、結構子供のような可愛い笑顔が観れて良かった。
阿佐ヶ谷スパイダースの伊達くんも、阿佐スパでは普段あまり
見られることのないはじけた演技が最高におかしかった。
何役もしてたんだけど、その切り替えが素晴らしい。

今日はまこりんだけ観にいったという感じ。
スカパーで放送してくれないかな。
一応、アンケートには映像化希望と書いておいたけど。
どうか、実現しますように!

     050604_222347_Ed.jpg


今日は『姫が愛したダニ小僧』のPiper先行!
電話かけるのに必死。 ローソンチケットはほんまなかなか
かかりゃ~せん!
かけ続けること約30分強。ようやくつながった。
テープなんだと思ってぼーっとしていたら、「もしもし?」と
オペレーターのお姉さんの声がして驚く。
だって、想像してなかったんだもん。
それでも、8月20日ソワレ2枚、予約できました。
引き換えたときまで、座席はわからないのでドキドキさ。
梅田芸術劇場の先行の結果も来週わかるし。
取れただけでもラッキーだ。




スポンサーサイト

コメント
広島弁さくれつじゃけ~(笑)
ほんとに、まこりん「だけ」見にいったんでしょ?
君でなくてもどんな下心もって見に行ったのか手に取るようにわかるよ。
陵辱とか、ちょっと強引な感じとか昼間ならピーだよ(爆)
なんか想像つかない舞台なんだけど、まこりんがかっこよかった(君のツボにはまった)ってことだけは、手に取るようにわかるから

興奮して広島弁にもどっとるって(爆)いいなあ・・・そりゃニヤニヤもするわなあ?怪しい人にもなるわなあ?^^
2005/06/05(日) 01:18:58 | |むかい #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eikoharu.blog11.fc2.com/tb.php/16-332362b0
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。